日本の歴史とはんこ

日本にいると、契約書や信書などで頻繁に使用するはんこ。普段から持ち歩く人がほとんどではないでしょうか。

そんな日本では当たり前のはんこですが、歴史的に見るとどうなのでしょうか?

そもそも日本にはんこが伝わったのは、弥生時代です。当時の中国から伝わった「漢委奴国王」が日本最古のはんこだといわれています。 その後、花押と呼ばれるものが普及しだしました。花押とは一種のサインのようなもので、武家や貴族が著者名本人と他者を明確に区別するために用いられていたものです。そのため、様々な形状の花押が生まれていきました。

その後、江戸時代ごろから庶民の間でもはんこが普及するようになっていきました。なぜはんこが庶民の間で普及したのかというと、一番の大きな理由は名前などの字が書けなかったからです。江戸時代には、学がなく字の書けない人が大勢いました。そのため、字を持ち歩くという感覚ではんこを使っていたようです。

そして明治に入ると、実印登録制度が政府によって行われました。政府によって公的にはんこ文化が浸透していったわけです。このことからもわかるように、はんこは日本の歴史の中で様々に変化していき人々の生活で使われていたようです。